”気圧くすみ”は『POLA』の新語!系列サロンのお得情報!

ポーラ ザ ビューティー・エステサロン.jpg

前記事で、気候の変化による”くすみ”について書きました。

NHK「あさイチ」での特集番組について触れ、記事のなかで”大手化粧品会社”としましたが、実は株式会社ポーラのこと。

POLA(ポーラ)は、日本気象協会とのコラボで、4年間にわたり「肌」と「気象環境」との関係性を調べてきましたが、その調査結果がNHKでとり上げられたわけです。


POLA(ポーラ)では、肌のくすみと気象の関係について、次のように考えているようです。

●UVくすみ

【原因】日照時間(UV)
【主な肌の状態】UVによるキメの乱れ・メラニンの増加・糖化

●低湿度くすみ

【原因】水蒸気密度(低湿度)
【主な肌の状態】空気の乾燥による角質やキメの乱れ

●気圧くすみ

【原因】現地気圧
【主な肌の状態】気圧の低下による血行不良


「UVくすみ」と「低湿度くすみ」についてはよく知られていますが、「気圧くすみ」はPOLA(ポーラ)がつくった新語。

実際の調査はアンケートでおこなわれ、低気圧になると、「寝つきが悪い」「貧血気味」「顔や足のむくみ」の項目についても、チェック率が高くなることもわかったとのこと。

気圧の変化に敏感な体質だと、自律神経が影響を受けやすくなります。

交感神経が活発になれば、痛みがでやすく、副交感神経が活発になれば、眠くなったりするようです。

このような症状を「気象病」と呼ぶこともあり、天気による体調不良を予測する”お天気アプリ”もあります。


気象条件によって事前に体調の予想ができますから、事前にケアしやすくなったというべきかもしれません。

さらには、”肌のくすみ”も気圧に関係しているとなれば、”やれるケアはやってみる”しかなさそうです。


POLA(ポーラ)のこの調査の目的は、もちろん、データを自社の商品開発に活かすこと。

POLA(ポーラ)は、90年の歴史を持つ化粧品メーカーとして、さまざまな高級ブランドを送り出してきました。

リンクルショット、ホワイトショット、APEX、ALLU、モイスティシモなど、多くのシリーズがありますが、いずれもしっかりしたコンセプトにもとづいて開発されています。

APEXは”肌の全層分析”、ALLUは”ホルモンと肌のバランス”、モイスティシモは”角層の状態に着目した高保湿ケア”、など。

そのなかで、シリーズ最高峰が「BA」

B.A ベーシックセット

POLAでは、これらのシリーズを使ったフェイシャルエステコースを、自社運営のエステサロン「ポーラ ザ ビューティー」で提供しています。

「ポーラ ザ ビューティー」は、全国47都道府県で約670店舗あり、2019年 オリコン顧客満足度調査で、「ブライダルエステ施術効果 第1位」を獲得。


このPOLAのフェイシャルエステを、いまトライアル価格で試すことができるようです。

●WHITISSIMO & MOISTISSIMO ベーシックケアコース
1回¥8,640円 ⇒ トライアル¥3,780円

●APEX ブライトケアコース
1回¥10,800円 ⇒ トライアル¥5,940円

●BA プレミアムエイジングケアホワイトコース
1回¥14,040円 ⇒ トライアル¥9,180円

POLAトライアルコースについて詳しくは


どんなに高級な化粧品でも、正しく使わなければその効果を生かすことができません。

POLA(ポーラ)のエステサロン「ポーラ ザ ビューティー」で使うシリーズは、すべて同社のブランド。

正しい使い方をチェックする絶好のチャンス!

いつ終わるかわからないキャンペーンですが、ぜひPOLAの技術を体験してみてください。

この記事へのコメント