独身女性が40歳過ぎると結婚相談所への登録数が激減するのはなぜ?

女性が40代になると、結婚をあきらめてしまう人が多くなるようです。

この傾向は、大手の結婚相談所の会員数にもあらわれています。各結婚相談所の登録数は、30代までは男性より女性のほうが多いのですが、40代になると、この数字は一気に逆転します。

50代になると女性の会員登録数はさらに減少し、結婚相談所によってはゼロのところも。もちろん年齢制限もありますが、中高年になると相手を見つける確率が大きくダウンすることも反映しているようです。



中高年で結婚しようとする動機には、若い世代とは違う側面があります。結婚そのものよりも、だれかにそばにいて欲しいという願望が強くなります。夫婦の場合、性交渉はとっくに無いけど一緒にいるだけで安心する、精神的にも落ち着くという方の話をよく聞きます。

知人の女性が、インフルエンザにかかることをとても心配していました。インフルエンザと独身でいることに関係はなさそうですが、タミフルによる副作用が心配とのこと。”異常行動を起こしたときにだれも止めてくれない”から、との理由 。

インフルエンザに限らず、高齢になるといつなにが起きるかわかりません。”孤独死”はその典型例。飲んだ後、風呂に入りそのまま意識がなくなってしまうことがあれば、コタツに入ったまま亡くなるケースも。

現役世代の場合、出社してこなければ心配になった同僚や上司が連絡してきます。しかし、ひとり暮らしだと誰も心配してくれませんから、発見も遅れます。

エンディングノートに ”臓器提供”ど書き残しても、すべては無駄に。

夫婦で暮らしていても、同時に死ぬことは出来ません。どちらかが先に亡くなりますから、最終的には残された伴侶が独居老人と同じ状況になります。

しかし、毎日、突然死の不安を抱えながら生活するよりは、夫婦で生活するほうがはるかに楽しいし、精神的にも落ち着くのは間違いありません。たまに夫婦喧嘩があったとしても、それも後になれば楽しい思い出。

”30代までは独身で通すつもりだったけど、40代になって急に不安を感じた” という女性も多いようです。

40代女性の場合、同世代の男性の婚活事情とは違ってきます。

40代の男性では、相手に子供を産んで欲しいと希望する方がかなりいます。このような男性は、40代の女性を結婚相手に選ぶことはまず考えられません。

40代女性が相手を選ぶとすれば、50代男性のなかから選ぶのが現実的といえます。

50代の男性で、相手の女性に子供を産んでもらうことを期待する人はあまりいません。結婚の主な目的は、一人で生活することの不安を解消したい、精神的な支えがほしいから。ここまでは女性と同じですが・・・。

なかには、実子でなくても子供が欲しいという方がいます。

このような男性にとって、理想の相手は夫と離婚または死別し子供がいる女性、ということになります。

◎40代、50代の登録者が多い結婚相談所

大手の結婚相談所のなかで、40代からの登録者が多いのは、なんといっても楽天オーネットです。

楽天オーネットは、登録会員数が約5万人、業界1位ですが、大事なポイントは40代以降の男女の登録数が多いこと。他の大手相談所では、中高年の登録が無い、あるいは登録数が少ないので、確率的に考えれば楽天オーネットが最適ということになるでしょう。

でも、数で決まるわけではありませんが・・・。

<会員数40歳~>※参考

〇楽天オーネット 男13,000 女62,000
〇IBJメンバーズ 男8,000 女4,000
〇ゼクシィ 男3,000 女1,000

<初期登録費用合計>※参考

〇楽天オーネット 103,000円
〇IBJメンバーズ 240,000円
〇ゼクシィ 30,000円

<月会費>※参考

〇楽天オーネット 13,900円
〇IBJメンバーズ 15,000円
〇ゼクシィ 16,000円

標準的なコースの参考数字ですが、なんとなくイメージはしていただけると思います。







この記事へのコメント